□ゲームが教えてくれたこと

アニメにはまってしまった

ここ1か月ほど・・アニメにはまってます。最初は美少女アニメを見たのがきっかけなんですが、なんとなくニュースを見ていてソフトバンクがロボットを販売すると言っていて・・・。思い出したのが甲殻機動隊でした。頭から甲殻機動隊がはなれなくなってしまい・・・。全話をぶっ続けで見てしまいました。

 

なんで、ロボットから甲殻機動隊なのかと言うと、設定が2029年で体の一部や全身(脳以外)を擬体化している世界が舞台だったからです。そして脳も電脳化して、脳と擬体をつなげたり、コンピューターとつなげられたりするんです。ロボットはAI(人工知能)で動くことが出来て、アンドロイドも登場するんです。一家に一台アンドロイドですね。ロボットとアンドロイドと電脳化した人間の違いは・・・といテーマなんですよね。

 

あの名作映画のマトリックスも甲殻機動隊を参考にしたらしく、似たような設定になっていますよね。マトリックスは見まくっているので・・・。マジで10回以上見てるかも・・・。今回はパス。

 

ソフトバンクがロボットを販売開始するのが2015年です。パソコン1台と同じくらいの金額です。しかもオープンソースにして、カスタマイズが出来るようにするとの事・・・。つまりスマホに自分が便利に使えるアプリをインストールするのと同じ感じですね。

 

今現在ではおしゃべりが出来る・・・くらいしかアピールポイントは無いようですが、発売時やそこからの進化は凄いことになりそうですね。あるテレビで世界にはロボット研究をしている科学者がたくさん居て、その知識をあのロボットに活かすことを考えているようなんです。

 

今までもロボットは何種類か販売されましたが、これまでのロボットとはちょっと違うような気がします。

 

しかし・・・これを開発するのに数十億円だそうなんですが・・・なんだか・・・サッカー選手の移籍金と変わんないじゃん・・・と思ってしまったのはわたしだけでしょうか?